ジーンズの修理とカスタマイズ

写真の、ポケットのところ、ちょっと変わってるでしょ。


ジーンズの修理のついでにお願いされた、ジーンズのカスタマイズ。
お客様持ち込みの、濃紺色のレザーで、ポケットを作りました。

今までついていたポケットをはずして、ちょっとだけ、角度をつけて縫っています。
今までポケットがあった所には、インディゴの跡が、くっきり残っています。


左のポケットは、タッチイズラブ®︎ の、オリジナルの形のポケット。
右のポケットは、ジーンズで一般的な、五角形のホームベース型。
デニムと同じ濃紺色のレザーだからか、左右のポケットの、角度と形が違っても、バランス良く出来ました。

もともとあった所に、別の形や素材がやってきても、ずーっと続いてきたものとの調和は、バランス次第なんだと気づきました。

新しいポジショニングが、今まで存在してきた軌跡の価値を上げることに繋がっている、新しいポケットは、正反対に位置する個性、この場合だと、左のポケットの個性も活かしています。

今まで大切にしてきたことを、これからも大事にしながら、しかも、もともとあった個性を否定するんじゃなくて、活かしていくことが、望まれているのかもしれないと、そんな、哲学的なことを思っています。


0