ギミック gimmick

touch is love JEASN storeがオープンして、しばらく経った頃、
お客様から
『せっかく涙のステッッチが、切れちゃうのは残念』
という感想を頂いたり、
『涙のステッチを修理してほしい』
という依頼がありました。
「やっぱり、買った時の状態が、長続きするジーンズが求められてる。」
そう思って、涙のステッチが切れにくいジーンズを作った時がありました。

先日、修理のためにお預かりした、2012年3月20日にお買い上げ頂いたジーンズは、その涙のステッチが切れにくい、バージョン2 = 二代目のジーンズでした。

今では、ホームページにも、涙のステッチは、消えてなくなります。インディゴの涙の跡だけが残ります。と書いてあるし、お店でもそう説明しています。

けれども、当時は、涙のステッチが擦り切れていく ギミック gimmick を、お客様は後でわかってくれる。きっと、その意味にも気づいてくれる。そう思っていました。

今思うと、ちょっと感じ悪いですよね。言いたいことがあるのに、言わないなんて。

なんにもしないで、自分の気持ちは、相手に伝わらないし、それよりも、わかってもらえたほうが嬉しい。
相手も、気持ちが伝わったら、嬉しいと思うのです。

touch is love ® JEANSは、ぱっと見でわかるほど、大きな違いはないけれど、ちょっとづつ、時代の流れに合わせて、形を変えてきました。2011年秋のオープンの時から数えて、今はバージョン7=七代目の形です。

涙のステッチは、消えてなくなります。その理由は、ずーっと涙でいたくないから。そして、涙の理由を知っているから、優しくなれるから。
詳しくは、
touch is love JEASN storeのホームページ
をごらんください。
touch is love JEANS
涙ステッチが、切れにくいバージョン2
touch is love JEANS
ポケットの袋布の修理は、お早めに。
touch is love JEANS
ポケット口(くち)の修理も、お早めに。






0